トップ 最新 追記 RSS feed

継続にっき

2004|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|12|
2006|01|03|05|06|08|09|10|12|
2007|01|02|03|05|07|12|
2008|10|
2009|01|05|12|
2010|04|05|11|
2011|01|09|12|
2012|02|03|05|09|12|
2013|02|03|
2014|05|09|
2015|12|

2013-03-23 (Sat)

))) MathematicaっぽいパターンマッチをRubyで実装する

ScalaっぽいパターンマッチをRubyで実装するから始まった 一連のpattern-matchライブラリ関連エントリのおそらく最終章。 任意のオブジェクトに対して正規表現相当のマッチをできるようにしてみたのでその紹介です。

どういうことかと言うと、例えば配列をFixnumの前後で分割したりとか

match([:a, 0, :b, :c]) do
  with(_[*a, Fixnum, *b]) do
    a #=> [:a]
    b #=> [:b, :c]
  end
end

連続した要素の積が12になるところを探したりとか

match([1, 2, 3, 4, 5]) do
  with(_[*_, *a, *_], guard { a.inject(:*) == 12 }) do
    a #=> [3, 4]
  end
end

「シーケンス中で連続して同じ値が入っている各箇所について,2 個目以降は削除したシーケンス」を取得したり (前後の値も利用したシーケンス処理 - NyaRuRuが地球にいたころ)とか

def replace_repeated(obj, &block)
  ret = match(obj, &block)
  if ret == obj
    ret
  else
    replace_repeated(ret, &block)
  end
rescue PatternMatch::NoMatchingPatternError
  obj
end

replace_repeated([1, 2, 4, 4, 3, 3, 4, 0, 0]) do
  with(_[*a, x, x, *b]) { [*a, x, *b] }
end #=> [1, 2, 4, 3, 4, 0]

こういった処理が簡単に書けるようになりました。

先日のRuby開発者会議でパターンマッチを入れたいねみたいな話をしてきたのですが、 せっかくならこのぐらい出来るようになると楽しそうです。


2004|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|12|
2006|01|03|05|06|08|09|10|12|
2007|01|02|03|05|07|12|
2008|10|
2009|01|05|12|
2010|04|05|11|
2011|01|09|12|
2012|02|03|05|09|12|
2013|02|03|
2014|05|09|
2015|12|
トップ 最新 追記 RSS feed